旅行

ひとり旅!〜奈良の酷道・道の駅巡り〜

じゃっくです。

閲覧いただき、ありがとうございます!

 

今回のひとり旅は、2014年6月30日の奈良の酷道(こくどう)・道の駅巡りです。

山間部に行けば、国道でも酷道(こくどう)と言われるくらい、狭くてボコボコの道があります。

 

自分は、結構そんな道が好きなんですよね笑

道の駅 大淀からスタートです。

道の駅 杉の湯 川上を経由して、どんどん険しくなっていきます笑

道の駅 上北山温泉!

川も綺麗です。

そして、今回のメイン、酷道になっていきます。

 

日本三大酷道と言われる道が奈良県にはあります。

それは、国道425号線です。

 

さすがに怖いのと遠いので諦め、国道309号線を攻め、行者還トンネルを目的地として目指します。

 

国道309号線に入ると、土砂崩れ注意の看板がなくなり、さらに上の落盤注意とか山崩れ注意と書かれています。落石もたくさんあります。

 

険しい道を通りながら、行者還トンネルを目指します。

そして到着!

天川村と上北山村にまたがる行者還トンネルです。

 

なぜ行者還と言うのかと言うと、昔この山を越えようとする時、

山越えが険しく引き還すことが多かったからです。

 

行く者を還らせると言われ、行者還トンネルだと聞きました。

※諸説あると思うので、参考程度にお願いします笑

 

約1kmありますが、電気は通っていません。

また、手彫りなのか、中はゴツゴツしています。

 

今回訪れるのは2回目です。

1回目は、トンネルを通った先は真っ白な霧で見えず、引き返しました笑

 

所々に熊注意とか書かれていて、怖いですね〜。

そして、前回は一度に3人以上渡らないでください。と書かれた吊り橋は通行禁止になっていました。

トンネルを無事に通り抜けて、道の駅 吉野路黒滝に到着!

ここまでくると、生きている心地がします笑

そして、無事に帰宅しました。

 

今回の旅で思うことは、

奈良の酷道・行者還トンネルは一流!

 

安易な気持ちで行者還トンネルに行くのは危険なので、あまり真似しないでくださいね!あと、この道は大雨の時に浸かる場合があります。と書かれた看板もありました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人

じゃっく

50代でFIREを目指す30代会社員です。 学長さんの動画を拝見し、2020年6月から投資スタート! 投資内容は、積立NISA、米国株、日本株です。 投資や節約、雑記など発信していきますので、皆様よろしくお願いします。

-旅行

© 2021 FIREを目指すJACKのブログ! Powered by AFFINGER5