雑記

人と比べることをやめました!

じゃっくです。

閲覧いただき、ありがとうございます!

 

今回は、人と比べることをやめるました!についてお話ししたいと思います。

 

自分は社会人になりたての時は、

同期よりも仕事が出来るように全力で仕事をしていました。

 

仕事を頑張る!と言うことは凄くいいことだと思います。

サービス残業もして、会社の資格も自分の時間を使って受講したりしました。

 

でも、途中で気づいたことがあります。

このままじゃ、自分には何も残らない・・・。

 

完全に会社という組織に染まり、後輩が出来ても、

しもべのように扱い、会社の文句を言う人を見つけては攻撃する・・・。

 

そんな風にはなりたくないと思いました。

 

自分の場合、

会社の組織に染まる前に気づいたので良かったのかもしれません。

染まった方が楽だったかもしれません。

 

でも、会社を辞めた際、

肩書きがなくなった自分を相手してくれる人はいなくなります。

そんな空っぽな人生は嫌だと思い、それからは人と比べなくなりました。

 

人と比べることって、大事なことですが、

他人と比べすぎると、他人の評価任せの人生になってしまうと思いました。

 

そんな人生は面白くないです。

話はそれますが、自分は車のレースが好きです。

 

以前、レーシングドライバーの脇坂寿一選手がトークショーで仰られていたことですが、

 

自分が相手より上だと思うことはどうでもいいことであって、

相手に自分が上だと思わせるようにもっていく方がとても大事。

相手に自分が上だと思わせることにより、

勝てるチャンスが数倍、数十倍にも膨れ上がるから。

 

この言葉を聞いた瞬間、凄い人だなあ。と思いました。

 

人と比べることも大事ですが、相手より上だとか、下だとか自分が思うよりも、

相手にそう思わせることって勝ち負けに関わらず、実社会でも本当に重要なことだと思います。

 

日本社会に限らずですが、媚を売る人は出世出来る人も多いです。

でも、自分は媚を売るような真似はしたくありません。

 

そう生きられたら本当に楽ですが、

後輩や友人に後ろ指刺されるような生き方はしたくありません。

 

もちろん、ちゃんと仕事をした上での話ですが・・・。

人と比べる人生に終止符を打ったのは、25歳くらいの時でしょうか。

 

当時は、何をやっても上手くいかず、仕事はそれなりにこなせるのに、

人間関係で悩みました。

 

告発はしませんでしたが、パワハラを受けていました。

でも、自分は周りを気にすることに目を向けず、仕事だけに集中しました。

 

今思えばいいことなのか、悪いことなのか分かりませんが、

結果的に良かったのかな?と思います。

 

当時、もし人と比べていたら、人よりも自分は劣っている、

勝っているに気を取られていて、今の自分はないと思います。

 

早い段階でプライドを捨て、

人と比べることを捨てたから今があるのかな?と思います。

 

今では、違う職場になりましたが、仕事を任せてもらえるようになりました。

 

人と比べないで生きることは、目の前の仕事に集中出来たり、

もっと大事なことに気づくことが出来る最高のメリットなのかな?と思っています。

 

犯罪に手を染めなければ、

自分らしく自分なりに生きればOKだと思います。

 

ちゃんと仕事をしていればある程度はOKだと思います。

 

人と比べること=自分の人生を捧げることだと個人的に思っているので、

これからもいろんなことに気付けるように自分のペースで人と比べず生きていけたらいいなあ。と思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人

じゃっく

50代でFIREを目指す30代会社員です。 学長さんの動画を拝見し、2020年6月から投資スタート! 投資内容は、積立NISA、米国株、日本株です。 投資や節約、雑記など発信していきますので、皆様よろしくお願いします。

-雑記

© 2021 FIREを目指すJACKのブログ! Powered by AFFINGER5